「クラビット」とは

クラビット」は細菌増殖の原因になるたんぱく質の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる効果がある合成抗菌剤です。
従来の抗菌剤よりも抗菌力が強いのが特徴です。
クラミジアを薬で治療するなら「クラビット」が良いでしょう。
クラビットのイラスト気管支炎や肺炎、咽頭炎、喉頭炎などの呼吸器感染症をはじめ、中耳炎や副鼻腔炎などの耳鼻の感染症、角膜潰瘍などの目の感染症、尿道炎や膀胱炎などの尿路感染症の治療に使用されます。
また手術後の二次感染の予防に使われることもあります。

通常、成人の場合、1回100mgを1日2~3回経口服用します。
ただし症状によって服用の仕方は異なるので、自己判断での薬の増減は絶対に避け、添付文書の内容をよく確認して、医師や薬剤師の指示に従うことが大切です。

「クラビット」は副作用が少ないお薬ですが、発疹や光線過敏症などの症状が現れることがあります。
光線過敏症は日光に当たると皮膚が赤くなったり、水ぶくれになってしまうこともあります。
このような症状が現れた時には直ちに医師の診察を受けることが大切です。
意識障害を起こす恐れもあるので、「クラビット」を服用している間は自動車の運転にも細心の注意が必要です。
また非常に稀ですが、アキレス腱障害やアナフィラキシー、痙攣、幻覚症状、肺障害、大腸炎、不整脈などの重い副作用が起こる恐れもあります。
腎臓病を患っている方や高齢の方は副作用が起こりやすいので、服用の際には特に注意が必要です。

「クラビット」はフロベンなどの鎮痛薬と併用すると痙攣を起こしやすくなります。
またマグネシウムを含んだ胃腸薬や鉄剤などと一緒に服用すると「クラビット」の効果が薄れてしまう恐れがあるので、日常的に服用している薬がある場合には、必ず医師に伝えることが大切です。

クラビットは必ず飲みきること

クラビットを飲む女性様々な病気で病院で診察を受けることがありますが、薬を処方される事も多いです。
薬は基本的に処方された分を全て飲みきるというのが基本です。
もちろん、頓服薬や症状が出た時のみ飲む痛み止めなどはこの限りではないですが、医師というのは処方された薬を飲みきる事を前提に治療を行うので、自己判断で服薬を中止してしまうのは避けるべきなのです。
特に処方されたら絶対に飲みきる必要があるのがクラビットなどの抗生物質です。
クラビットなどの抗生物質は、感染症などの時に処方される薬です。

抗生物質は抗菌剤とも言われているように、菌を殺す作用がある薬です。
炎症等を起こしている原因の細菌を殺すことで病気を治すというものです。
抗生物質を長期間飲み続けると体の中の必要な菌まで殺してしまい、悪影響があるなどとも言われていますが、医師から処方された場合は必ず飲みきる必要があります。
抗生物質を処方されて飲んでいると、服用期間の途中で症状が消える事もあります。
そうすると飲む事を自己判断で中止してしまったりする事もあるのですが、体内にはまだ菌が残っている事もあるのです。
菌が残っていると当然再発や症状がぶり返してしまうという事にも繋がります。

また、その残ってしまった菌に耐性がついてしまうこともあるのです。
菌に耐性がついてしまうと再び薬を飲んでも効きにくくなってしまうという事が起きてしまいます。
そうなってしまうと当然治りにくくなってしまったり、治療が長期化してしまうという事もありますので、クラビットなどの抗生物質はきちんと医師の指示通りに服用することが重要なのです。
もちろん、服用終了時などには再検査などをして完治したかしっかりと見てもらうことが大切です。

また、性病にまた罹らないように予防していくのも重要になってきます。
性病になってから治すのは大変ですから、予防はとても重要です。

男性だと、性病は包茎が原因でなっていることが多いです。 昔は学校の授業で包皮をむくことを教えていたようですが、最近ではプライバシーへの配慮から性や暴力に関することがらは学校では教えなくなってきています。
ですので現代の日本人では、包茎の男性や、性交のやりかたがわからない小学校高学年の児童はとても多いのです。

クラビットの注意点、先天性心臓病や紫斑病の方は注意

心臓病クラビットはニューキノロン系に属する抗生物質で、有効成分はレボフロキサシンという名前です。ニューキノロン系抗生物質はクラビットの他に、ジェニナック、スオード、バクシダールなどがあります。
これらニューキノロン系抗生物質は細菌のDNA複製を阻害することによって、細胞分裂を阻止し、抗菌作用を発揮します。具体的にはDNAジャイレース(II型トポイソメラーゼ)を阻害することによってDNA複製を阻害します。
抗菌スペクトルが広いことが特徴であらゆる菌種に有効で、他の種類の抗生剤が無効であった場合にはよく使用されます。
非常に使い勝手のいい薬ではありますが、金属イオンとの同時服用でキレートを形成し、薬の吸収が悪くなる問題点があります。また副作用に関しても様々なものがあります。

ここではクラビットの副作用に関して、先天性心臓病、紫斑病の方が特に注意すべき点に関して説明します。
まず先天性心臓病の方にとって気になる副作用はQT延長です。これは重篤になると心室細動を引き起こし、致死的なものとなる可能性があります。
特に先天性心臓病を持っている場合には不整脈を引き起こしやすいためこのQT延長、心室細動を引き起こす可能性が高くなってしまいます。動悸など不整脈の前兆症状に気を付けましょう。

次に紫斑病の方にとって気になる副作用は血小板減少症です。紫斑病はなんらかの原因で血液が固まりにくくなり、出血が止まらず、特徴的な症状としてあざが全身にできる疾患です。
血小板の減少が原因で起こることもあります。もしクラビットで血小板減少症が起こってしまうと、紫斑病の症状がさらに悪化する可能性もあります。この副作用が起こる可能性は低いものの服用中には気を付けておきましょう。

クラミジアを治療できる別の医薬品とは

クラミジアの治療に使われる別の薬として、ジスロマックが上げられます。 ジスロマックは通販サイトで購入することも可能で、効果は抜群です。 ジスロマックの通販はネット総合病院が有名です。

ページ上部へ戻る