noimage
  • 2017.9.1

感染症の予防方法と治療薬クラビット、乳腺良変の関係

感染症の原因となる細菌やウイルスは、患者の体内から放出され、さまざまな経路で感染していきます。O157やノロウイルスは経口感染で、飲食物から口に取り込まれるため、予防方法は手洗いの徹底が中心になります。エイズは血液感染、クラミジアや淋病は接触感染で、患部の粘膜や皮膚が触れ合うことにより感染するため、予防方法は患者との濃密な接触を避けることです。インフルエンザは飛沫感染、結核は空気感染です。これらはマスクを着用したり、人混みへの外出を控えたりすることが、効果的な予防方法となります。
感染症のうち細菌が原因である病気には、クラビットなどの抗菌薬が有効です。泌尿器や生殖器の関係では、尿道炎や子宮頸管炎、前立腺炎や乳腺炎などに効き目があります。クラビットは広い範囲の細菌に効き目をあらわし、手術後やインフルエンザの二次感染を防ぐ目的でも用いられます。本来クラビットは医師の処方が必要な薬ですが、個人輸入代行業者の通販で購入することができ、ジェネリックも発売されています。
乳腺炎とは別に、乳房にしこりができたり、痛みを感じたりすることがあります。一般に乳腺症と呼ばれますが、その大部分は乳腺良変です。よくある例は乳腺の石灰化で、昔は乳がんの原因と疑われていましたが、現在では無関係とされています。乳腺良変は特に治療の必要はなく、痛みが我慢できなければ鎮痛剤を使用する程度です。しかし乳腺良変に見えても初期の乳がんであるケースもありうるので、マンモグラフィーなどを使って定期的に検診を受けることが大切です。通常はマンモグラフィーに影が映っても、乳腺良変であることが多く、精密検査が必要かどうかは医師が判断します。

関連記事
ページ上部へ戻る