薬について医師に相談する
  • 2017.7.27

添付文書をきちんと読むべき人とは

薬について医師に相談する現在はあらゆる症状を改善させる為に、様々な薬が販売されています。
人々は、薬の御蔭で頭痛から解放されたり、風邪の症状が緩和されたりと、良好な状態で生活する上でも、非常に薬の恩恵を受けています。
薬で体調が戻ってくると、薬のない時代に生きていた人々は、本当に大変だったろうと感じますね。

薬をもらう時に、病院での処方であれば医師によってアレルギーや、常に飲んでいる薬はないかと聞かれますので、正確に伝えてさえいれば、安心して処方された薬を飲むことができます。
薬は飲み合わせによっては、体調を壊すことがありますので、注意が必要なのです。
迷ったり悩んだりした時は、医師に飲み合わせの相談をしてから、薬を飲むようにしましょう。
薬局で一般に市販されている薬については、必ず添付文書があります。
こういう状況下の方は、医師に相談してから飲んで下さいと、一言書いてあります。
他の薬を飲んでいる場合や、妊婦さんなどは、特にこの添付文書を必ず読むべき人です。
また、薬を飲む感覚も指定されていますので、それより短い時間で飲まないようにすることも大切です。
この薬と一緒に飲んではいけませんと書いてあっても、身体が辛ければ、ついつい飲んでしまいがちになりますので、気をつけて飲むようにしましょう。

関連記事
ページ上部へ戻る